本社ビルについて

当社にご来店された事のあるお客様はご存知かと思いますが、私どもが事務所にしております本社ビルはとても歴史のある古い建物です。 そしてJR三ノ宮駅北すぐととても立地条件のよい場所で営業させていただいております。
なぜこのような場所にあるのかと言いますと この本社ビルが大正12年にこの場所に建てられ、今なおこの地で建っているとても頑丈でよく出来た建物だからです。 戦火に負けることなく、昭和13年の阪神大水害、平成7年の阪神淡路大震災にも耐え今も尚建ち続けています。

帝国信栄株式会社 外観

本社ビルデータ

建物名 帝国信栄株式会社 本社ビル(平成29年現在)
所在地 〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町5丁目4番1号
設計者 清水 英二
施工年 大正11年
構造 鉄筋コンクリート造 3階建
用途 事務所
備考 私的設計

設計者 清水英二とは

清水英二(1895~1964)
東京帝国大学出身の建築家で、大学卒業後は神戸市役所に勤務、初代の営繕課長として小学校校舎の鉄筋コンクリート造化をになった。大正15年には清水建築事務所を開設し、御影公会堂をはじめ公共建築と住宅を中心に設計活動をおこなった。その生涯ですくなくとも87件の設計をおこなったことが確認されている。
当社ビルは大正12年が施工年となっているので、清水氏が神戸市役所で勤めながら「発亥会」を設立し、私的な設計業務を行っていた時に建てられたものだということが言えるでしょう。

 

※参考文献:日本建築学会計画系論文集 第544号「建築家 清水栄二の経歴と建築活動について」 川島智生

昭和18年頃に作成されたとみられる旧会社案内です。この頃当社は営業所が16店舗あり西は明石市、東は大阪市内までありました。本社は楠町にあり、現在営業している本社ビルは三宮出張所でありました。

旧会社案内(昭和18年頃作成?)

住宅新聞に平成4年2月14号で掲載された記事です。現存する不動産会社としては最古であるとの内容です。

新聞記事

昭和26年、当社創立30周年の記念写真のようです。 この当時の社員を知っている人間も少なくなりました。

創立30周年記念写真